不眠症対策!コンビニの食事でも摂れる5つの重要な栄養素

この記事は4分で読めます

nemurenai

忙しい現代社会では、
不眠症に悩まされている人も
少なくないようです。

私自身も相当苦しみましたし、
不眠症の際は薬を飲むのも一手ですが、
薬を飲むほどではない人や
「生活習慣から根本的に改善したい!」
と考えている人には、
食事の見直しがおすすめです。

そこで今回は、
「不眠症対策と食事や栄養」
というテーマでまとめていきます。


1.不眠症対策となる栄養素や食材

まずは、
「不眠症対策になる栄養素」
それが含まれている
「食材」を見てみましょう。

1-1.グリシン

不眠症には、
たんぱく質を構成する
要素であるアミノ酸の一種で、
「休息アミノ酸」とも呼ばれる
「グリシンの摂取」が効果的であるといわれています。

グリシンが多く含まれている食品としては、
マグロ、エビ、ホタテなどの「甲殻類」
牛、豚、鳥などの「肉類」
豆、納豆や豆腐などの「豆製品」が挙げられます。

これらを意識的に摂取することで、
不眠症対策となるわけですね。

1-2.トリプトファン

また、
同じくアミノ酸の一種である
「トリプトファン」
不眠症に効果的であるといわれています。

トリプトファンは心の安定にかかわる
神経伝達物質である
「セロトニン」の原料となるものです。

セロトニンは”幸せホルモン”とも言われており、
「日々の幸福感」などにも深く関わっているものです。

トリプトファンが多く含まれている食品は、
マグロ、カツオ、タラコなどの魚類、
ごま、アーモンド、くるみなどのナッツ類、
牛、豚、鳥などの肉類、豆、チーズなどです。

おつまみやおやつの時間に、
積極的にこれらを摂ると良いでしょう。

1-3.DHA

さらに、不飽和脂肪酸の一つ、
「DHA(ドコサヘキサエン酸)」
不眠症の解消に役立つといわれています。

DHAは、
マグロ、イワシ、サンマなどの
魚類に多く含まれています。

魚を食べると頭が良くなるし、
不眠症対策にもなるので、
積極的に摂取していきたいですね。

1-4.テアニン

アミノ酸の一種で
リラックス効果を高めるとされる
テアニンはお茶類に含まれますが、
眠りたいときには
「カフェインを含まないお茶」がおすすめです。

麦茶、ハーブティーなどはテアニンを含み、
カフェインをほとんど含んでいないので、
眠る前にも飲むことができます。

これらの食品を日々のメニューに
意識的に加えていくとよいでしょう。

寝る前は温めて飲むことも重要ですね。

1-5.GABA

また、
GABA(ガンマーアミノ酪酸)
不眠症によいとされています。

GABAは発芽玄米や野菜に多く含まれています。

しかし、
一日に必要な摂取量は200mg以上といわれているので、
なかなか取り入れるには難しい量です。

(トマトやジャガイモで30mgと言われていますので不足がち)

GABAの摂取を考えるなら、
GABAチョコレートや、
サプリメントの方がおすすめですね。


GABAチョコは美味しいし、
100gで200mg以上の
GABAが含まれている
のでおすすめです。

スポンサーリンク

2.コンビニで睡眠導入食材をゲットしよう

これらを踏まえると、
コンビニでも手軽に食べられる
不眠症によい食べ物を見つけることができます。


たとえば、
発芽玄米のおにぎりや魚類が入ったおにぎり、
肉類や魚類、豆類の入ったお弁当、
納豆、豆腐、チーズ、ナッツ類、

麦茶、ハーブティーなどが挙げられます。

「食事を見直す」というと、
「大変そうだな」というイメージを抱きがちですが、
コンビニなどで手軽に買って食べられるものの中にも
不眠症によいといわれるものをたくさん見つけることができます。

忙しい方は、
まずはこれらを少しずつ食事のメニューに
取り入れていくという方法もよいでしょう。

そのようにして、
日々の食事に対する意識を高めていく中で、
自分に合った無理のない食事習慣を
整えていくことができるでしょう。


スポンサーリンク

3.サプリメントで栄養を補う

本当に睡眠の改善は、
必要な栄養素を一つの食べ物だけで
摂取するのは困難なことです。

食事のかたよりをなくし、
不足分はサプリメントで補うことをおすすめします。


しかしながら、海外に比べると、
日本でサプリメントを飲んでいる方は少ないですね。


今の時代、
多くの方がご自分の睡眠に
不満をもっておられるのが現状です。

日本の場合は眠れないことの対策として
「睡眠導入剤が」ありますが、
これは妥当な考え方なのでしょうか?

少し、
日本と海外との違いについて考えてみましょう。

3-1.日本人は危険なことをしている?

まず、睡眠の改善策として
「マイスリー」などをはじめとする
「睡眠導入剤」があります。

その副作用については少なからず、
「脳に影響を与えるものがある」という記事も
ネットにアップされていたのを見たことがあります。

実際、多くの医師や薬剤師は、
「副作用など影響は”あまりない”から大丈夫だ」
と言われているのが現状のようです。

しかし、実際に多くの方が
服用されての意見があがっていることや、
薬の乱用からさまざまな
「副作用の報告がされていることも事実」です。


このようなことを背景に海外では今、
「睡眠導入サプリ」が普及しています。

例えばメラトニンなどがそれに含まれます。

メラトニンはアミノ酸の
「トリプトファン」を原材料にする睡眠促進物質であり、
海外では
「睡眠薬に代わる睡眠導入サプリ」として、

また、
「副作用の極めて少ない睡眠導入サプリ」
という位置づけで安心して使われています。


残念ながら、わが国日本ではまだまだ
そういった位置づけにはなっていません。

海外から逆輸入することになる睡眠導入剤や
睡眠導入サプリは誰でも
個人的に安い値段で買えるため注意も必要です。

3-2.日本人は遅れている?

日本ではどうして
「睡眠導入サプリ」が普及しないのでしょうか?

国内では睡眠改善のために、
導入剤を服用されている方の割合は
「成人のおよそ7.4%程度」だとされています。
(割と多いですよね?)

今の時代、
日本で扱われている睡眠導入剤の中で、
最も多いのはベンゾジアゼピン系、
非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬なのではないでしょうか?

日本では、
「健康志向な方は多い」と言われていますが、
医学的な個人の考え方は
「かなり遅れている印象」で、
実際に睡眠改善に対して、
サプリの使用は、
あまり多くの方はされていないのが現状です。


それは、

不安もあるのでしょうか?

睡眠導入サプリは、
「あくまでサプリメント」なので、
栄養を補給する食品という
レベルで見ているのかもしれません。

ですが、
普通に考えれば、
睡眠導入剤よりも
「副作用の危険」は少ないです。


私のカナダに住んでいる叔父も、
「快眠したいならサプリメントを飲め」
という風に私に勧めてきましたし、
あっちではそれが普通らしいですからね。

私が今現在愛用している
サプリメントについては、
以下をご覧ください。
>>

寝つきがかなり良くなり、
日中も元気で過ごせるようになりましたよ!

4.最後に

いかがでしたか?


不眠症対策には食事を見直すことが良いです。

コンビニでも良いので、
たくさんの栄養素を摂りましょう。

また、症状がひどい場合で、
睡眠導入剤(睡眠薬)に頼りたくない時は、
サプリメントをしっかりと摂取することも大切です。


また、根本的に睡眠の質を上げたい場合は、
以下の記事もしっかりと見ておきましょう。
>>短時間でも質の良い睡眠を取るコツと枕の重要性

スポンサーリンク

関連記事

  1. ブルーライト
  2. teihanpatsu_makura
  3. suimin_nonrem
  4. tameiki_businessman

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。