なぜ、夜更かしをすると寿命が縮み、太るのか?

この記事は3分で読めます

himan05_man

人間は毎日寝る事が必要で、
寝る事によって体と脳の疲れを取り除き、
翌日も元気に活動する事ができる様になります。


しかし、
基本的には成長ホルモンが
分泌されやすくなる

「22時から翌日の2時」

までには寝る必要がありますが、
中には夜更かしを
してしまう人も少なくありません。


眠れない、
ネットゲームをする為、
メッセージアプリを使っていて、
仕事が残っているから・・・

人によって
夜更かしをしてしまう原因は様々ですが、

夜更かしをすると、
「ただ翌日も眠かったりだるかったりする」だけでなく、
「寿命が縮む、太る」など
それ以外にも弊害が有るので、
できるだけ睡眠時間を確保する事は重要です。

スポンサーリンク


1.夜更かしと寿命の関係性

まずは、
「夜更かしと寿命」
の関係性を見ていきましょう。

驚きがいっぱいです。

1-1.夜更かしで寿命が縮む?

統計的には、
夜更かしをすると、
「寿命が縮みやすくなる」
と言われています。


まず、人間の体の中には
「体内時計」と言う物が有り、
それが正確に動けば動くほど
調子が良いと考えて大丈夫です。

しかし、
そのバランスが崩れてしまうと
体調を崩してしまったりする事もあるので、
それが繰り返されると、
寿命に多大なる影響を及ぼします。


また、
人間は夜更かしをする事によって
体調を崩してしまったり、
ホルモンのバランスが崩れたり、
さらにストレスを発散しにくくなってしまって
思わぬ病気を併発してしまう事もあります。


今迄は元気だった人も、
睡眠時間を確保する事ができなくて
寿命が縮んでしまった、
なんていう事は実は珍しい事ではありません。


健康な毎日を送って
寿命を出来るだけ長くする為にも、
できるだけ睡眠時間を
確保する事はとても重要なのです。

1-2.沢山寝れば寿命は伸びる?

ただ注意したいのは、
「寝れば寿命が延びるか?」といったら
「決してそうではない」という事です。

大体、
「1日に8時間は寝る方が良い」という事を
聞いたことがある人もいるでしょうが、

基本的には、
「7時間程度の睡眠時間」
を確保する事が健康の秘訣と言えます。

それより、
長すぎても短すぎても実は良くありません。


ただ、
適性の時間と言うのは人それぞれ違っており、
一つの目安としては
「朝の目覚めがとても快調かどうか」という事です。

スッキリ爽快な目覚めを
手に入れる事ができるのであれば、
「7時間ではなく8時間」などの方が
自分には合っていると判断すれば良いでしょう。

1-3.夜更かしは他の害をももたらす?

睡眠不足は、
「お肌の大敵」と言われる事も多々ありますが、
実際には、
「寿命に大きく影響してしまう」事も珍しくありません。


寝なくても平気と言う人も中にはいますが、
体の中ではもしかしたら
既に「何らかの弊害」が起きている可能性もあります。

例えば、
「最近、太りやすくなった」というのも
「夜更かしがもたらしたもの」かもしれません。


それではここから、
「夜更かしと太りやすくなることの関係性」
についてです。

スポンサーリンク

2.夜更かしが太る理由について

友達からメールや電話が来て楽しくて…
夜に面白いTVがやっていて…
つい夜更かししてしまった、
という経験のある人は多いでしょう。

しかし、
「夜更かしは太る原因」
になるのを知っているでしょうか?

夜更かしをよくする人たちは
いわゆる「夜型人間」と言われていますが、
こういった習慣はあまりよくないと言われています。

2-1なぜ、夜更かしは太るのか?

なぜ、
夜更かしが太る原因になるのでしょうか?

まず、「グレリン」という物質があります。
これは、「体脂肪を増やす働き」をする物質です。

夜更かしをしてしまい睡眠時間が少ないと、
この成分が分泌されて
脂肪を溜め込みやすい体になってしまうのです。


また、睡眠をあまりとらなかった翌朝は、
「コルチゾール」というストレスホルモンが
分泌されて血糖値も上がっている状態になります。

さらには、基礎代謝も落ちます。

そのため、
「太る原因になる」ことが
既に分かっているのです。


また、夜更かしの際に空腹のため、
「ついお菓子を食べてしまう」
と言う人も少なくありません。

これも、
身体を太りやすくする原因になっているでしょう。


ダイエットには、
「質の良い睡眠」
が必要不可欠といわれています。

また、よく言われる
「お肌のゴールデンタイム」
に眠ることも大事です。

それは、
寝ている間に筋肉などをはじめとした
身体の修復が行われるからです。


また、この時、
成長ホルモンも分泌されます。

なぜなら、その身体の修復には
成長ホルモンが助けになっているからです。


「寝る子は育つ」と言いますが
この言葉は正しいと言えるでしょう。

2-2.夜の空腹をしのぐ方法

急に生活習慣を改めることは難しいことですが、
まず夜型の生活を改めることが大切です。

とはいえ、
夜更かししている時間は必ず空腹の時です。


そのため、前述のように
お菓子やラーメンなどを食べながら
更に夜更かしをして・・・という
「悪循環」になる人も少なくないでしょう。

また、夜にお酒を飲み歩く人も
仕事付き合いなどでは仕方がありません。


ですのでまずは、
夜にお腹がすいている時は、
カロリーの低めの温かい飲み物を飲みましょう。

特に、
「ホットミルクに蜂蜜」
などが良いと言われています。

特に蜂蜜は寝る前に決まった量を摂取すると
「ダイエットに良い」と言われることもあるようです。


どうしても食べてしまうと言う人は、
身体を温めるホット蜂蜜ミルクから
始めてみるのはいかがでしょうか?

お腹も膨れて眠くなって一石二鳥です。

少なくともラーメンなどの、
「高カロリー食」を取るよりは
よっぽど健康的といえるのではないでしょうか?

3.最後に

仕事柄どうしても、
夜更かしが必要な人も多くいることでしょう。

そういった人も、
休日は睡眠をたっぷり取る、
仕事付き合いのときは極力サラダを食べるなど
出来ることから始めてみてはいかがでしょうか?

夜更かしを少しづつ改善していきましょう。


「夜、不安や寂しさで眠れない」
という人は以下をご覧ください。
>>夜の寂しい、眠れないを改善して人生に充実をもたらす方法

スポンサーリンク

関連記事

  1. suimin_nonrem
  2. nemurenai
  3. tameiki_businessman
  4. sleep_dakimakura

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。